アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

December 2014
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

商売を行うにあたって、自社が取り扱う商品がどれ位残っているか、自分の売り物を把握することは大切です。
そして、その把握がなされていなければ様々なトラブルに繋がることは想像に難くありません。
商品を作りすぎてしまえばそれは損失になることが懸念されますし、反対に作らなさすぎても売り物がなく損失につながります。
特に、化粧品というジャンルは競合する相手も多いだけに、じっくりと冷静に市場を分析して生産数を考えることが大切です。

そして、そのために行うことが出来るのが在庫管理と販売管理です。
自社で保有する商品のストックがどのぐらい確保できているかを把握すること、それによって在庫管理が成り立ちます。
そして、販売管理を行うことによって生産する商品量を管理したり、現状の売れ行きを管理したりすることができます。
つまりは、これらの考え方やシステムは化粧品の業界においてセットで稼働することによって大きな効果を発揮することが出来るといえます。
この商品はこれだけ売れていて、これだけ製品が残っているからこれだけの増産をする必要がある、そういった計算をすることは商売を行うにあたって必須です。

どのような商品でも、適切な消費期限が存在することが多いです。
化粧品などは鮮度が重要であることは間違いなく、顧客には新鮮な製品を届けるべきです。
それによって評判を落とすこと無く、製品の実力で評判を高めていけば必然的に生産量と販売量は平行して向上していくでしょう。
売れ行きが良くなってきた時には改めて在庫管理と販売管理を行うことが必要で、必要に応じて商品在庫と生産量のコントールを行うことが大切です。
それがなされているかどうかによって、商品を上手に売り込んで売上をあげられるかどうかが変わってきます。

自社の数字をきちんと把握していない会社が成長できるわけもなく、こういった情報をきちんと把握することは必須です。
販売活動のために必要な資料を作るこの行動は、とても大切です。

オススメ情報

話題の幹細胞組織に効果がある化粧品:タイムレジェンド

化粧品のOEMを検討しているなら相談してみませんか?:コスメテックジャパン

クラウドを使った在庫管理システムなら | glan system