アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

October 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ノートを持つ女性

ほとんどの場合はパッケージソフト形式になっており、化粧品の製造元、製造日、商品名、販売店名、販売日などのデータを入力しておくことで、一元管理でき、しかも、自社ベースのやり方にカスタマイズできるので、化粧品の在庫管理や販売管理がかなり楽になります。
また、クラウド化されているものもあるので、それを利用することで、インターネット上で24時間いつでも各店舗の売り上げなどを見ることができ、また各店舗で情報の共有ができるため、店舗間で在庫をまわすなど効率化を図ることもできます。

また、サポート体制も万全なので、プログラム上でのトラブルが発生したときには、いつでも対応してもらうことができます。
導入に際してのコストはかかりますが、化粧品の在庫管理や販売管理に費やしていた時間を販売に向けることができるので、売り上げ向上が期待でき、導入コストを上回ることができます。

製造工場

販売管理のデータから販売数量の予想を出し、売れる時期に販売する商品がないといった機会損失を避けるために在庫を持ち在庫管理をしていきますが、化粧品は予想が難しい動きになるため販売管理上のデータを逸脱する動きになることもあります。

在庫管理の担当としては在庫は発生させたくないため、数量の見極めに対しては厳しく考える傾向にあります。
しかしこのようなぎりぎりの線で在庫を持つと販売管理上、欠品する可能性も高まります。
販売上では欠品イコール損失と考えられるので、販売管理データに基づき、かつ現場営業の意見やトレンドを確認しつつ在庫管理をおこなう必要があります。

グラフとボールペン

このような化粧品の在庫管理や販売管理はプログラムソフトに任せたほうが、効率的です。
通常はパッケージタイプになっていて、商品名や製造元、入荷日や販売日などを一元管理することができ、しかも自社版にアレンジできるので、化粧品の在庫管理や販売管理などのわずらわしい仕事から解放されます。

また、クラウド化されたものも出ているので、これを導入し共有化することで、24時間365日いつでもどこからでもインターネットを通じて情報を得ることができるので、各店舗の販売状況や在庫状況を瞬時に把握でき、たとえば、在庫がない店舗に来た顧客に対し、在庫を持っている他店舗から商品を融通するということも可能になるため、顧客を逃すということはなくなり、売り上げの向上になります。
また、サポート体制も整っているので、いざというときはすぐに対応してもらえます。

化粧品店、モノクロ

化粧品の製造・販売には在庫管理や販売管理がついて回ります。
在庫管理でいうと、化粧品は鮮度が要求されるので、製造番号や使用期限の管理を厳重に行い、最初に投入されたものを最初に製品として出し、さらに庫内作業では先入れ先出しの徹底を行うことで鮮度を保つことができます。

販売管理でいえば、販売された商品に万が一問題が生じた場合にもすぐに対処し被害を最小限度に食い止めるために、出荷日、出荷先、販売店、販売日などの明確化が重要になります。
しかし、実際には化粧品の在庫管理や販売管理を人的レベルで行うのは困難です。
これらのことを解決する最短の方法は、プログラムソフトの導入です。